メニュー

サイト内検索

トップ  >  安全性についてのQ&A  >  Q2 山梨県環境整備センターには、どのような廃棄物が埋め立てられるのですか。

Q2 山梨県環境整備センターには、どのような廃棄物が埋め立てられるのですか。

 山梨県環境整備センターでは、産業廃棄物と一般廃棄物の埋立を行います。  産業廃棄物は、全部で20種類ありますが、このうち、「廃油」などの液状のもの、重金属が多く含まれている恐れのある「ばいじん」、臭気が心配される「動物のふん尿」などを除いた12種類の産業廃棄物と一般廃棄物の焼却灰を埋め立てます。
 なお、汚泥のうち、し尿処理汚泥は埋め立てません。
 また、産業廃棄物の燃え殻と一般廃棄物の焼却灰については、ダイオキシン類削減のため、無害化処理した溶融スラグのみを埋め立てます。
 さらに、廃棄物の受入にあたっては、大きさや形状、重金属の溶出試験結果などの受入基準を設けており、基準に適合しない廃棄物は埋め立てません。

印刷用

  |   ページトップへ
前のページへ 次のページへ
Copyright © 2006-2017 公益財団法人 山梨県環境整備事業団 All Rights Reserved.