一般廃棄物最終処分場について

(印刷用)

 

笛吹市境川町上寺尾区の一般廃棄物最終処分場について

 廃棄物最終処分場は、廃棄物の適正処理はもとより、本県経済の持続的な発展を図る上で必要不可欠な施設であり、その継続的な確保は極めて重要な課題です。

 そのため県では、山梨県環境整備センターに続く次期処分場の検討を進める中で、平成16年2月より公募を行ってきました。

 こうした中、平成19年2月8日に笛吹市境川町上寺尾区から笛吹市に最終処分場候補地への応募書が提出され、同年3月27日に同区の応募書が笛吹市長から知事に提出されたことから、笛吹市長を始め甲府市、山梨市、甲州市の各市長をメンバーとする峡東地区最終処分場整備検討委員会が開催され、検討が始まりました。

 応募地の検討に当たっては、適地基準に基づく法律や条令等による規制などの把握や、地形・地質、環境等についての文献調査や現地踏査など、専門のコンサルタントによる概況調査を実施するとともに、調査に対する専門家のご意見もうかがう中で検討が進められてきました。

 その結果、平成19年11月22日、概況調査結果及び専門家のご意見等を踏まえる中で、笛吹市境川町上寺尾区からの応募地を最終処分場の建設候補地とすることが決定されました。

 県では、整備検討委員会の決定や市町村・産業界からの要望などを踏まえ、平成19年12月20日、笛吹市境川町上寺尾区の応募地を最終処分場の建設地として決定しました。

 しかしながら、リサイクルの進展に伴う産業廃棄物最終処分量の減少等を踏まえ、平成23年5月に県内全市町村の一般廃棄物に限定した最終処分場とする方向で見直しを行い、市町村等と協議を行いました。その結果、平成24年4月から県内全市町村が参加する山梨県市町村総合事務組合が事業主体となり、当事業団に委託して一般廃棄物最終処分場の整備等が進められることとなりました。

 

 当事業団で、環境アセスや基本設計・実施設計等の調査により、周辺環境、地質構造等の状況を詳細に把握した上で、安全性等に最大限配慮しながら、安全で安心な施設整備を進めていきます。

 

一般廃棄物最終処分場に係るこれまでの経緯
 

    ・対策委員会、上寺尾区、地権者など

    ・先進地視察(2回)

    ・上寺尾区アンケート調査 (賛成90%)

    ・候補地選定プロセス、適地調査結果

    ・概況調査の実施

    ・概況調査結果の報告

    ・概況調査結果について学識経験者の意見書

    ・次期処分場候補地に決定

         ・敷地面積 約12ha

         ・埋立面積 約5ha

         ・埋立容量 約60万㎥

         ・埋立期間 15年以上

         ・埋立品目 産業廃棄物14品目一般廃棄物3品目(焼却灰、飛灰、不燃物残さ)

         ・概算工事費想定額 約75億円~90億円

 (PDF file)次期廃棄物最終処分場(境川)に関する現状と課題及び今後の方向性について

  ・第1回検討協議会

  ・第1回幹事会の開催―幹事長の選出


     処分場概要(30万㎥計画)   
         ・敷地面積 約12ha
         ・埋立面積 約3ha
         ・埋立容量 約30万㎥

         ・埋立期間 約20年
         ・埋立品目 一般廃棄物3品目(焼却灰、飛灰、不燃物残さ)
         ・概算工事費 48.7億円(工事費のみ)(西側取付道路、河川付替工事を除く)