オオタカモニタリング調査

(印刷用)

 明野廃棄物最終処分場予定地周辺で、平成12年7月にオオタカの巣立ち幼鳥が確認され、処分場予定地近傍に猛禽類の古巣が確認されました。
  このため、(財)山梨県環境整備事業団では、「猛禽類保護の進め方」(旧環境庁 1996)を参考に、野鳥に詳しい地元の専門家の意見を踏まえながら平成12年9月より調査を実施し、平成13年に処分場予定地から約1km離れた場所でオオタカの繁殖を確認しました。
 この調査結果を受けて、平成13年10月には専門家の方々から「明野廃棄物最終処分場建設に伴うオオタカ保護策の提言」をいただき、その後は、この提言に基づいて以下のように、処分場予定地周辺におけるオオタカの繁殖状況を把握するため、モニタリング調査を実施しています。

オオタカモニタリング調査結果
オオタカ保護連絡会議

 「オオタカ保護策の提言」に基づき、モニタリング調査から得られた情報を速やかに猛禽類の専門家、地元自然保護団体、行政機関などに提供し、適切な対応を検討するために設置した「オオタカ保護連絡会議」の開催の状況は以下のとおりです。

 

 (PDF file)平成18年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成19年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成20年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成21年度オオタカ保護連絡会議(1回目)

 (PDF file)平成21年度オオタカ保護連絡会議(2回目)

 (PDF file)平成22年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成23年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成24年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成25年度オオタカ保護連絡会議

 (PDF file)平成26年度オオタカ保護連絡会議